HOME>アーカイブ>第三者の意見も参考にしながら治療方針を固めよう

健康や美容の違い

歯

吉祥寺には、審美から矯正まで、治療内容や専門性の違いもあって数多くの歯科が点在しています。矯正歯科は、噛み合わせが原因で頭痛・肩凝りなど、不定愁訴の関連でも受診できるのが最大の特徴です。これらの原因は親知らず、歯並び、入れ歯の噛み合わせなどがありますが、患者自身で取り除くことはできないので、症状を緩和させるのが矯正専門の歯科です。審美性では、義歯やインプラント、ホワイトニングなどの治療が行われます。健康な歯で楽しい人生という考え方に、歯なしにしない「美容のため」という考え方が加わります。赤ちゃん肌に憧れても、赤ちゃんと同じ歯がない状態にならないためでもあります。また、ヤニや黄ばみ、口臭対策に利用できるのも審美歯科の特徴です。

セカンドオピニオンという考え

吉祥寺の歯科で治療中という人もいるはずです。現在、受けている治療に疑問があり、不安を感じているのであれば、歯科のセカンドオピニオンをしてくれるところを活用してみましょう。医療機関では珍しくないものですが、現在かかっている歯科での対応に疑問や不信感を持つことがあれば、受けてみてもよいでしょう。セカンドオピニオンの際には、カウンセリングで今までの治療への疑問を共有することから始めてくれます。じっくり聞いてから、口の現状を患者自身に理解してもらうために虫歯のチェックや、精密検査などを行うようです。結果をしっかり理解できる、だからこそ信頼できるかどうか、本当の意味での歯科選びができます。

技術におごらない

吉祥寺エリアの歯科には、経験は豊富な歯医者が多くいます。スペシャリストだからといって、間違いや失敗をしないことを断言できるものではありませんが、決して隠さずに正直に話す歯医者が大半です。確認しながら進んだり戻る、歯医者本意で治療を進めないのが優良歯科といわれています。保証内容も充実していますし、知っておいて損ではないのが、予防歯科にも努めている点です。予防歯科の考え方が進む諸外国での知識、技術も駆使し、再生しない歯を守る専門家によるプロフェッショナルケアを受けましょう。

広告募集中