痛みの理由と対処方法を知る

治療

美しい歯並びに整えるためにも、正しい噛み合わせを得るためにも歯列矯正は有効な治療です。治療は長期に続けることになりますので、メリットだけではなくデメリットについても知っておきましょう。まず、治療の際は装置を口腔内に装着しますので、歯茎に当たったときや食事をする際に痛いと感じる人も少なくありません。そして歯が動くときに生じる痛みもあります。装置に慣れてくることで痛みも感じにくくなっていくとされていますが、慣れるまでは硬さのある食べものは避け、柔らかいものを選ぶなど対策を考えてみましょう。痛みが強いときは鎮痛薬も役立ちます。治療中は口内炎ができることもありますが、口内炎による痛みがある場合は治療薬やサプリメントで対応していきます。

痛みの少ない治療を選ぶ

診療室

矯正治療中はある程度の痛みがあるものと考えておきたいところですが、それが大きなストレスになることや食欲の低下につながることはできれば避けたいところです。矯正治療が痛いものとあきらめている人もあるかもしれませんが、治療の技術も日々進化しており、最近はより痛みが少なくそれでいて効率良く歯を動かせる治療も登場しています。弱い力で歯を動かせる治療や形状記憶タイプのワイヤーによる治療を提供している歯科医院もありますので、カウンセリングの際にはしっかりと相談しておきましょう。食事中の痛みが気になるという人は食事中に装置を取り外すことができるマウスピース矯正にも注目してみてはいかがでしょうか。歯磨きも装置を取り外してできますので、虫歯や歯周病になりにくいというメリットもあります。

痛みが強いときは早めに相談しよう

診療室

矯正治療は、慣れてくるまでは痛いと感じることもありますが、装置の着用に慣れて歯も順調に動いてくると治療当初よりも痛みを感じにくくなるといわれています。とはいえ、痛みの感じ方には個人差もあり、短期間で慣れたという人もあれば、長期に痛みが続いていることで悩む人もいます。治療中はある程度の我慢も必要ですが、あまりに強い痛みがある場合は、治療が適正でない可能性もありますので我慢せずに早めに医師に相談しましょう。調整をする、装置を違うものに替えることでより痛さが抑えられる可能性があります。痛いからといって、途中で治療をやめてしまうと、歯並びを整えることも噛み合わせを正しくすることもできなくなってしまいます。矯正治療は1~2年と長く続けていく必要になりますので、まずは安心して治療を受けられる歯科医院を選ぶことが大切です。各矯正歯科では痛みを抑えるための様々な取り組みが行われていますので、治療の特徴も良く調べておきましょう。

広告募集中